美しいヘッド、美しいヘッド マックスソウル 美しいヘッド、美しいヘッド マックスソウル

ゴルフクラブに求められるもの ―required―

ゴルフクラブは、ヘッド、シャフト、そしてプレーヤーのマッチングで、「よく飛ぶ」が実現します。 ヘッドについては、素材、重量や反発係数などが大きく影響しますが、そのほかにも語りつくせない要素があります。

当社の最初の製品 Superior Driverは、多くの要素が絶妙に絡み合った結果、驚きの飛距離性能が実現したのです。そこに熟練した職人の技があります。 ボールを芯でとらえたときによく飛ぶクラブはいくつも市販されています。でも、1ラウンドで何回ナイスショットするでしょう。Superior Driverは、つかまりがよくミスに寛容でしかもよく飛ぶ。だから高い評価を頂いているのです。

PCM誌の評価

初代は、クラフトマン向けの雑誌PCM(Professional Craft-man Magazine)、2012年11月30日No.8号「カス タムドライバー42本一気打ち」という企画で、「総合的に完成された飛びと操作性のクラブ」と評価され、試打したお二人のプロからも絶賛をいただきました。

MaxSoul Superior Driver 450Ti ロフト9.5度 (右のチャート)
各項目が5点満点で、飛距離:5 打感:5 打音:5 操作性:5 弾道高:4 つかまり:5 と、全クラブ42本で見事にトップでした。


PCM誌No.8号より

ヘッド形状へのこだわり ―head―

ヘッド形状はCAD/CAMで設計し簡単に原型を作れる時代ですが、一部のクラブ職人は、今でも樹脂や木製を削ってモックアップ(実物大模型)を作成しています。

彼らの共通して「CADでは感性や官能に訴える味が出ない」と言います。豊島慶輔のクラブ創りも「ヤスリがけ」から始まります。何日もかけて削りだしたモックアップを、あらゆる角度から見つめ、納得のいくまで修正を繰り返します。強い弾道を実現する厚みをもったクラウン、打ちやすさを感性に訴えるネック形状など、長年の経験でモックアップに具現化していきます。

厚みのあるボディ形状(ディープクラウン) ―deep crown―

ゴルフクラブの歴史に大きな影響を与えた名手トミーアーマー(1896-1968年)によるパーシモンドライバーの理論であり、現代のチタンヘッドにも通じるのがディープクラウンと呼ばれる厚みのある形状です。

ボールをヒットした衝撃を受け止め、強い弾道を生み出すのが、ヘッド中央の若干後方を頂点に盛り上がりです。マックスソウルの全てのウッドはこの形状を踏襲しています。

ヘッドを加速するエアログルーブ ―aero groove―

へッドはスイングによって空気をかき分けて走ります。その空気の流れはヘッド後方で渦となって空気抵抗を増加させてしまいます。 独特のフォルムを醸す左右の溝(エアログルーブ)は、この空気の流れを整えスムースに後方に逃がすことで空気抵抗を減少させます。 ダウンスイング時のヘッドの入射角を安定させ、自然にヘッドスピードが上がり大きな飛距離アップへと繋がっています。

重心位置へのこだわり ―center of gravity―

Superior 450Tiの重心深度は浅めの33.5㎜、重心距離は短めの34㎜と、高性能ヘッドの絶妙な重心位置。Second Collectionの重心深度は39mmとボールの上がりを重視した設計です。浅い重心深度だとつかまりが悪く、短い重心距離だとつかまりが良いといわれますが、実際には多くの要素が影響しているため、各メーカーは様々な重心のヘッドを作ることになります。

多くのヘッドは、ソールの2~3か所にウェイトを置いてバランスをとっていますが、当社の全製品は、ボディ全体を可能な限り均一にする精度の高い製造で、若干のウェイトをピンポイントで1か所に置くだけ調整しています。

少量生産ならではのこだわりが、捕まりやすく、捕まり過ぎず、最適なスピンで距離が出るという、高いハードルをクリアしたのです。

重心高とシャフトのバランス ―center of gravity & balance―

重心の高さとシャフトの挿入の相関についても、マックスソウルは最適化に挑戦しています。 ショートホーゼルでシャフト接合部と重心高を一致させることで、入射角が安定したやさしいヘッドとなっています。

2019-06-16
カテゴリトップ>カメラ・デジカメストア>レンズ>ペンタックス交換レンズ
【梱包B級品もあります!】 PENTAX/ペンタックス HD PENTAX-D FA★70-200mmF2.8ED DC AW pentaxlenscb2018 【pentaxlenscb】【pentaxcbcp】 
PENTAX/ペンタックス HD PENTAX-D FA★70-200mmF2.8ED DC AW (HDDFA70200F2.8)

発売日:2016年3月18日
ズーム全域で開放F2.8の大口径望遠ズームレンズ



抜群の低反射特性が得られる新開発の『エアロ・ブライト・コーティングII』、HDコーティングなど、独自のレンズコーティング技術を存分に駆使。逆光でもゴーストやフレアーの発生を抑え、クリアでコントラストの高い像が得られます。
また、レンズ硝材には4枚の異常低分散ガラスと2枚の特殊低分散(ED)ガラスに加え、新たにスーパーEDガラスも2枚使用、色収差を全域で良好に補正し、画像周辺部まで解像度の高い描写性能を実現しています。

開放F値2.8、高性能★(スター)レンズ
理想の画質を目指して極限まで諸収差を補正し、中心から周辺までシャープでクリアな高い描写力を追求したレンズ「★(スター)」シリーズのレンズです。35ミリ判換算で、焦点距離約107〜307mm相当の画角が得られる約2.9倍の望遠ズーム。ズーム全域で開放F値が2.8と明るく、背景のボケ味を生かした大口径レンズならではのポートレート撮影や、高速シャッターで動きを写し止めるスポーツ撮影に好適です。

最新の光学技術を駆使
超低屈折率膜形成プロセスにより、従来の『エアロ・ブライト・コーティング(Aero Bright Coating)注1』を超える優れた低反射特性を実現した独自の新開発ナノテクノロジー『エアロ・ブライト・コーティングII』を採用しています。
注1:均質な空気の隙間を持つシリカエアロゲルを主成分とすることで、広い波長域で優れた反射防止効果を実現し、高水準のクリアな画質が得られる、ナノテクノロジーから生まれた当社独自のレンズコーティング技術

防塵・防滴構造
レンズ内部に水滴や埃などが入りにくい防塵・防滴構造の『AW(All Weather)』タイプとして、全体の13ヶ所にシーリングを施しています。防塵・防滴構造を採用した当社デジタル一眼ボディと組み合わせることで、雨天や霧の中、水しぶきのかかる場所などでの耐久性、信頼性の向上を実現しています。

新搭載のクイックシフト・フォーカス・システム切り替えスイッチ
オートフォーカスからマニュアルでのピント合わせが切り替え操作なしで行える『クイックシフト・フォーカス・システム(Quick-shift Focus System)』の利便性を向上するため、新たにQFS/A、QFS/M、MFの3つの切り替えスイッチを設けています。オートフォーカス優先のQFS/Aモード、マニュアルフォーカス優先のQFS/Mモード、レンズ側で素早くMFに切り替えができるMFモードを切り替えることにより、被写体に応じてよりスムーズかつ正確なピント合わせが可能です。

その他
・レンズ内モーター駆動AFにより、静かで滑らかなオートフォーカス駆動を実現
・点光源撮影時の光芒を抑え、柔らかなボケを実現する円形絞りを採用
・フォーカス範囲を制限してAF時間の短縮ができる3段階の『フォーカスレンジリミッター』を搭載
・レンズ前面に、汚れに強いSP(Super Protect)コーティングを採用
・新開発の脱落防止機構付き着脱式三脚座を装備



●レンズタイプ 望遠ズーム
●焦点距離(35mm判換算) 70-200mm(107-307mm相当)
●開放絞り値 F2.8
●最小絞り F22
●画角 23-8.1°(ペンタックス・デジタル一眼レフカメラ装着時) 34.5-12.5°(ペンタックス・35ミリ判一眼レフカメラ装着時)
●レンズ構成 16群19枚
●絞り羽根枚数 9枚
●円形絞り(F2.8-5.6)
●最短撮影距離 1.2m
●最大撮影倍率 0.13倍
●フィルター径 77mm
●最大径 x 長さ 約91.5mm x 約203mm
●質量(重さ) 約1755g(フード付:1835g)(フード+三脚座付:2030g)
●ケース・フード付き

※ページ内「当社」はリコーイメージングを指します





ズーム全域で開放F2.8の大口径望遠ズームレンズ

こだわりを動画で見る ―movie―