美しいヘッド、美しいヘッド マックスソウル 美しいヘッド、美しいヘッド マックスソウル

ゴルフクラブに求められるもの ―required―

ゴルフクラブは、ヘッド、シャフト、そしてプレーヤーのマッチングで、「よく飛ぶ」が実現します。 ヘッドについては、素材、重量や反発係数などが大きく影響しますが、そのほかにも語りつくせない要素があります。

当社の最初の製品 Superior Driverは、多くの要素が絶妙に絡み合った結果、驚きの飛距離性能が実現したのです。そこに熟練した職人の技があります。 ボールを芯でとらえたときによく飛ぶクラブはいくつも市販されています。でも、1ラウンドで何回ナイスショットするでしょう。Superior Driverは、つかまりがよくミスに寛容でしかもよく飛ぶ。だから高い評価を頂いているのです。

PCM誌の評価

初代は、クラフトマン向けの雑誌PCM(Professional Craft-man Magazine)、2012年11月30日No.8号「カス タムドライバー42本一気打ち」という企画で、「総合的に完成された飛びと操作性のクラブ」と評価され、試打したお二人のプロからも絶賛をいただきました。

MaxSoul Superior Driver 450Ti ロフト9.5度 (右のチャート)
各項目が5点満点で、飛距離:5 打感:5 打音:5 操作性:5 弾道高:4 つかまり:5 と、全クラブ42本で見事にトップでした。


PCM誌No.8号より

ヘッド形状へのこだわり ―head―

ヘッド形状はCAD/CAMで設計し簡単に原型を作れる時代ですが、一部のクラブ職人は、今でも樹脂や木製を削ってモックアップ(実物大模型)を作成しています。

彼らの共通して「CADでは感性や官能に訴える味が出ない」と言います。豊島慶輔のクラブ創りも「ヤスリがけ」から始まります。何日もかけて削りだしたモックアップを、あらゆる角度から見つめ、納得のいくまで修正を繰り返します。強い弾道を実現する厚みをもったクラウン、打ちやすさを感性に訴えるネック形状など、長年の経験でモックアップに具現化していきます。

厚みのあるボディ形状(ディープクラウン) ―deep crown―

ゴルフクラブの歴史に大きな影響を与えた名手トミーアーマー(1896-1968年)によるパーシモンドライバーの理論であり、現代のチタンヘッドにも通じるのがディープクラウンと呼ばれる厚みのある形状です。

ボールをヒットした衝撃を受け止め、強い弾道を生み出すのが、ヘッド中央の若干後方を頂点に盛り上がりです。マックスソウルの全てのウッドはこの形状を踏襲しています。

ヘッドを加速するエアログルーブ ―aero groove―

へッドはスイングによって空気をかき分けて走ります。その空気の流れはヘッド後方で渦となって空気抵抗を増加させてしまいます。 独特のフォルムを醸す左右の溝(エアログルーブ)は、この空気の流れを整えスムースに後方に逃がすことで空気抵抗を減少させます。 ダウンスイング時のヘッドの入射角を安定させ、自然にヘッドスピードが上がり大きな飛距離アップへと繋がっています。

重心位置へのこだわり ―center of gravity―

Superior 450Tiの重心深度は浅めの33.5㎜、重心距離は短めの34㎜と、高性能ヘッドの絶妙な重心位置。Second Collectionの重心深度は39mmとボールの上がりを重視した設計です。浅い重心深度だとつかまりが悪く、短い重心距離だとつかまりが良いといわれますが、実際には多くの要素が影響しているため、各メーカーは様々な重心のヘッドを作ることになります。

多くのヘッドは、ソールの2~3か所にウェイトを置いてバランスをとっていますが、当社の全製品は、ボディ全体を可能な限り均一にする精度の高い製造で、若干のウェイトをピンポイントで1か所に置くだけ調整しています。

少量生産ならではのこだわりが、捕まりやすく、捕まり過ぎず、最適なスピンで距離が出るという、高いハードルをクリアしたのです。

重心高とシャフトのバランス ―center of gravity & balance―

重心の高さとシャフトの挿入の相関についても、マックスソウルは最適化に挑戦しています。 ショートホーゼルでシャフト接合部と重心高を一致させることで、入射角が安定したやさしいヘッドとなっています。

2020-02-12
カテゴリトップ>交換レンズ>新品交換レンズ>Canon (キヤノン)>35mm一眼レフ[AF]レンズ
《新品》 Canon (キヤノン) RF24-105mm F4L IS USM
[ Lens | 交換レンズ ]【EOS R/RPと同時購入で¥20,000-キャッシュバック対象】【KK9N0D18P】

種別:デジタル一眼専用レンズ

NOTE

画角全域で、高い描写性能を発揮する標準ズームレンズです。全長107.3mm 、質量約700g の小型・軽量設計を実現し、静止画撮影時における高速AFと、動画撮影時の滑らかなAFを可能にするナノUSMをLレンズで初めて採用しました。また、5段分の光学式手ブレ補正機構を搭載し、手持ち撮影を強力にサポート。絞りやシャッタースピード、ISO感度などの機能が割り当てられるコントロールリングにより、新しい操作性を実現します。ケース・フード付き。

■主な特徴高画質と小型・軽量設計を両立
ショートバックフォーカスの特長を活かし、高画質と高ズーム倍率を保持しながら全長107.3mm、質量約700gの小型・軽量設計を実現しています。従来のEF24-105mm F4L IS II USM比で全長を約11mm短縮。EOS Rシステムの標準ズームレンズとして取り回しよく撮影することができます。

高速かつ動画撮影に適したAF
ナノUSMをLレンズで初めて採用。高トルクな特性を維持しながら、従来より薄型化したナノUSMが、フォーカスユニットを高速で駆動かつ的確に停止。静止画撮影時には0.05秒のAFスピードを達成※。動画撮影時には、滑らかで静粛なフォーカス駆動を実現します。
※EOS Rとの組み合わせ時。CIPAガイドラインに準拠して測定したAF時間の結果から算出(撮影条件や仕様レンズにより異なります)。内部測定方法。[測定条件]測距輝度:EV12(常温・ISO100)、撮影モード:M、焦点距離24mm位置、シャッターボタン操作によるライブビュー撮影時、AF方式:ライブ1点AF(中央)、AF動作:ワンショットAF時。

最大5段分※の手ブレ補正効果
光学ISの制御アルゴリズムの見直しと、デュアルセンシングISにより、静止画撮影時の手ブレ補正効果が最大5段分※に向上。暗いシーンでも、シャッタースピードを遅くできるため、手持ち撮影の可能性が広がります。
※CIPAガイドライン準拠。焦点距離105mm、EOS R使用時。


■主な仕様画角:水平74°〜19°20'、垂直53°〜13°、対角線84°〜23°20'
レンズ構成:14群18枚
絞り羽根枚数:9枚(円形絞り)
最小絞り:22
最短撮影距離:0.45m
最大撮影倍率:0.24倍
フィルター径:77mm
最大径×長さ:φ83.5×107.3mm
質量:700g




【1000円以上ご購入で送料無料!・代引き手数料無料!】

こだわりを動画で見る ―movie―